Disney Princess ディズニープリンセス

  • オーロラの物語ものがたり

  • むかし、あるとおくに王様おうさまとお妃様きさきさまうつくしいおんなまれました。

    Long ago in a faraway land, a king and his fair queen were blessed with a beautiful baby girl.

  • 王様おうさまとお妃様きさきさまはそのをオーロラと名付なづけました。
    オーロラとは「夜明よあけのひかり」という意味いみです。

    They named their daughter Aurora, for she filled their lives with light like the dawn.

  • 国中くにじゅう人々ひとびとがオーロラの誕生たんじょういわいにやってきました。
    三人さんにん妖精ようせい、フローラ、フォーナ、メリーウェザーも
    おくものってやってきました。

    Visitors from throughout the kingdom came to celebrate the birth of the princess, including the three good fairies, who arrived with gifts.

  • 魔法まほうつえりながら、フローラはうつくしさを、フォーナはうつくしい歌声うたごえをオーロラに
    おくりました。

    Waving their wands, Flora gave the princess the gift of beauty, while Fauna gave her the gift of song.

  • メリーウェザーのばんがきたとき、みどりほのおあたりをつつみ、魔女まじょのマレフィセントが
    あらわれました。

    Merryweather was about to bestow her gift when the evil fairy Maleficent appeared in a flash of green fire.

  • マレフィセントはおくものだとって、オーロラにおそろしい呪文じゅもんをかけました!

    She wanted to give the princess something, too - a terrible curse!

  • 16さい誕生日たんじょうびしずむまでに、糸車いとぐるまはりゆびしてんでしまうというのです!

    Before the sun set on her sixteenth birthday, Aurora would prick her finger on the spindle of a spinning wheel and die!

  • まだおくものをしていなかった妖精ようせいのメリーウェザーは、のろいからオーロラをすこしでも
    まもれるように魔法まほうをかけました。

    Luckily, Merryweather still had a gift to give. She cast her spell to soften Maleficent's curse.

  • 「もし糸車いとぐるまはりゆびしてしまっても、ぬのではなくねむりにつくだけです。
    そしてこころからあいするひとのキスでのろいはとけてねむりからめるのです」と
    魔法まほうをかけました。

    Now Aurora would not die when she pricked her finger. She would simply fall into a deep slumber, only to be awakened with True Love's Kiss.

  • 王様おうさまとお妃様きさきさまはオーロラのことが心配しんぱいでたまりません。

    However, the king and his queen were still very concerned about the safety of their daughter.

  • 二人ふたりはオーロラを三人さんにん妖精ようせいたちにあずけることにしました。
    妖精ようせいたちはしろからとおはなれたところで農婦のうふとしてらしながら、ひめそだてます。

    And so with heavy hearts, they agreed that the three good fairies, disguised as peasant women, would raise the child in secret far away from the castle.

  • ときぎ、オーロラは純粋じゅんすいで、無邪気むじゃきで、もり動物どうぶつたちをあいするうつくしいむすめ
    成長せいちょうしました。

    Over the years, the child grew into a beautiful young woman who made friends with all of the forest animals.

  • 妖精ようせいたちは、オーロラに叔母おばだと名乗なのり、彼女かのじょを「ブライア・ローズ」という名前なまえ
    そだてました。彼女かのじょには本当ほんとう身分みぶんも、のろいのことも、秘密ひみつにしてはなししませんでした。

    Her three aunties called her Briar Rose and surrounded her with love. But they never told her the secret of her past.

  • 16さい誕生日たんじょうびむかえたブライア・ローズは、まだ自分じぶんがプリンセスであることを
    りません。

    On the day of her sixteenth birthday, Briar Rose still did not know that she was a princess.

  • ある、ブライア・ローズはもりまえばんたのしいゆめのことをうたっていました。

    She spent the morning singing to her friends about how she'd had a glorious dream.

  • ゆめなか彼女かのじょ素敵すてき王子様おうじさま出会であい、こいをしていたのです。

    In it, she'd met the most wonderful prince. Briar Rose was convinced he was her true love.

  • そのとき一人ひとり王子おうじ彼女かのじょもりちかくをとおりかかりました。
    その王子おうじこそ、オーロラの結婚相手けっこんあいてまっていたフィリップ王子おうじだったのです。

    Little did Briar Rose know, a prince was passing nearby at that moment. He was Prince Phillip, the very prince that the king and queen had planned for her to marry.

  • フィリップ王子おうじは、うつくしい歌声うたごえくと、おもわずうまりました。

    Phillip didn't know that Briar Rose was a princess either. But he was so taken with her beautiful song, he hopped off his horse.

  • フィリップ王子おうじ木々きぎあいだから登場とうじょうし、ブライア・ローズと一緒いっしょうたい、
    ダンスをおどりました。
    ブライア・ローズは「この男性だんせいゆめ王子様おうじさまちがいないわ」とおもいました。

    Phillip emerged from the trees, and as he and Briar Rose sang and danced together, she realized that this man reminded her of the prince in her dreams.

  • ブライア・ローズはその男性だんせいを、むかしからっているようにかんじました。
    そして、叔母おばたちにもわせたいと、そのよるいえ招待しょうたいすることにしました。

    She felt as if she'd always known him. Briar Rose was excited for him to meet her aunties, so she invited him to come to the cottage that evening.

  • ブライア・ローズがいえもどると、叔母おばたちは自分じぶんたちが妖精ようせいであり、
    彼女かのじょ本当ほんとうはプリンセスであるとけました。

    But when Briar Rose returned to the cottage, her aunties told her that they were good fairies and she was a princess.

  • なんと今夜こんやしろもどって、結婚相手けっこんあいてうことになっているというのです。

    She was supposed to return to her parents' castle that night. There she would meet the prince she was already engaged to marry.

  • 今日森きょうもり出会であった男性だんせい彼女かのじょ夢見ゆめみ王子様おうじさま、と二度にどえないとわれた
    ブライア・ローズはかなしみました。

    Briar Rose was overcome with sadness. She only wanted to marry the man she had just met, her dream prince.

  • 三人さんにん妖精ようせいはオーロラをしろれてかえりました。
    一人部屋ひとりべやにこもっていていたオーロラのもとに、マレフィセントがふたたあらわれました。

    When Aurora arrived at the castle, the three fairies left her alone to mourn. But Maleficent soon appeared to make sure her curse came true.

  • マレフィセントはオーロラをしろ屋根裏やねうらにおびきせ、
    糸車いとぐるまはりさわらせようとします。
    はりされたオーロラはそのままふかねむりにちてしまいました。

    She put Aurora in a trance and led the princess to a spindle hidden high in the castle. There, Aurora pricked her finger and fell into a deep sleep.

  • オーロラをつけた三人さんにん妖精ようせいたちは、マレフィセントののろいが現実げんじつになったことを
    りました。

    When the three fairies found Aurora, they realized that Maleficent's evil curse had come true.

  • 妖精ようせいたちはオーロラをとううえ寝室しんしつつれれてき、魔法まほう国中くにじゅうねむらせました。

    They took the sleeping princess to the tower room and then cast a deep sleep over the whole kingdom.

  • 妖精ようせいたちはオーロラをねむりからおぼますため、彼女かのじょもり出会であったという男性だんせいさがしに
    きました。かれこそがオーロラをねむりからますことができるのです。

    Now they had to find Aurora's true love from the forest so he could give her True Love's Kiss.

  • 妖精ようせいたちはすぐにかれつけしました。
    そして、かれこそがオーロラの結婚相手けっこんあいてであるフィリップ王子おうじだとづくのです!

    It didn't take the three fairies long to recognize that Prince Phillip was the man Aurora had met in the forest - her betrothed was her true love!

  • しかし、フィリップ王子おうじはマレフィセントに地下牢ちかろうめられてしまいます。
    妖精ようせいたちは王子おうじたすし、武器ぶき王子おうじさずけました。

    But he was in Maleficent's dungeon. The fairies freed him and then armed him with the Sword of Truth and the Shield of Virtue.

  • フィリップ王子おうじはオーロラをすくうため、マレフィセントにいどみます!

    Now he was prepared to fight the evil fairy and save Aurora!

  • しかし、マレフィセントはなかなかたおれません。

    But the evil fairy was not easy to defeat.

  • 巨大きょだいりゅう変身へんしんしたマレフィセントに、フィリップ王子おうじむかかいます。

    Back at the castle, Phillip came face-to-face with Maleficent, who had transformed herself into a giant, fire-breathing dragon.

  • フィリップ王子おうじけん巨大きょだいりゅうのマレフィセントめがけて、
    ちからいっぱいげつけました。

    However, with the help of the three good fairies, Phillip was able to send his sword flying swift and sure.

  • マレフィセントをたおしたフィリップ王子おうじはオーロラのもとへかい、
    彼女かのじょやさしくキスをしました。
    すると、オーロラのがゆっくりとひらきました。のろいがけたのです!

    With Maleficent gone, Phillip rushed to Aurora's side and bestowed a gentle kiss upon her lips. Aurora's eyes fluttered open - the curse had been broken!

  • もり出会であった男性だんせいて、オーロラはにっこり微笑ほほえみました。
    オーロラひめとフィリップ王子おうじはいつまでもしあわせにらしました。

    When she saw her beloved, the man from the forest, she smiled. Now the prince and princess could live happily ever after.

  • おしまい