Disney Princess ディズニープリンセス

  • シンデレラの物語ものがたり

  • むかしむかし、シンデレラというやさしいむすめがいました。

    Once upon a time, there was a kind girl named Cinderella.

  • シンデレラはだれからもしたわれ、動物どうぶつたちともとても仲良なかよしでした。

    All of the animals loved her, especially two mice named Gus and Jaq. They'd do anything for the girl they called Cinderelly.

  • とうさんがなくなってしまったシンデレラは、ままははとそのむすめである二人ふたりあねらしていました。

    Cinderella lived with her stepmother and her two stepsisters, Anastasia and Drizella.

  • ままははあねたちはとてもいじわるで、シンデレラに一日中掃除いちにちじゅうそうじもの食事しょくじ支度したくいつけました。シンデレラは毎日一生懸命働まいにちいっしょうけんめいきました。

    They were very mean to Cinderella, making her work all day cleaning, sewing, and cooking.
    She tried her best to make them happy.

  • ままははのトレメイン夫人ふじんこころつめたく、いじわるで、うつくしいシンデレラを
    ねたんでいました。

    Cinderella's stepmother, Lady Tremaine, was cold, cruel, and jealous of Cinderella’s charm and beauty.

  • 夫人ふじんはシンデレラを召使めしつかのようにこき使つかいました。

    She enjoyed giving Cinderella extra chores to do, such as bathing her cat, Lucifer.

  • あるしろ使つかいが招待状しょうたいじょうってやってきました!

    One day, a messenger arrived with a special invitation. There was going to be a royal ball at the palace!

  • なんと舞踏会ぶとうかいひらかれ、国中くにじゅう女性じょせい招待しょうたいするというのです!

    The King wanted his son to find a bride. Every young woman in the kingdom was invited—including Cinderella!

  • シンデレラは舞踏会ぶとうかいをとてもたのしみにしていました。
    屋根裏部屋やねうらべやでシンデレラはおかあさんのふるいドレスをつけました。

    Cinderella was very excited about the ball. In the attic, she found a dress that had belonged to her mother.

  • シンデレラは、そのドレスをなおして舞踏会ぶとうかいていこうとかんがえました。

    It was a bit old-fashioned, but Cinderella could make it beautiful!

  • トレメイン夫人ふじんは、シンデレラを舞踏会ぶとうかいかせたくありません。
    夫人ふじん二人ふたりあねのどちらかを、王子様おうじさまえらんでほしいのです。

    Lady Tremaine didn't want Cinderella to go to the ball. She wanted the Prince to meet Anastasia and Drizella. Maybe he would marry one of them!

  • シンデレラにたくさん仕事しごといつけるので、シンデレラは舞踏会ぶとうかいのドレスが
    なおせません。

    Lady Tremaine kept Cinderella busy with chores that would take her all night to finish.

  • シンデレラがはたらいているあいだ、ネズミやとりたちがシンデレラのドレスをなおしました。
    かれらはてられていたリボンやビーズをひろってきて、ドレスをかざりました。

    While Cinderella was working, the mice and birds fixed her dress. They added ribbons and beads that the two stepsisters had thrown away.

  • そして動物どうぶつたちのおかげで、うつくしいドレスが出来上できあがりました!

    Working together, the animals turned a simple dress into a fabulous gown!

  • シンデレラはドレスを大喜おおよろこびでした。これで舞踏会ぶとうかいけるのです!

    Cinderella was overjoyed when she saw the dress. Now she could go to the ball!

  • 「みんな、ありがとう!」シンデレラはネズミやとりたちにおれいいました。

    "Oh, thank you so much!" Cinderella said to Gus, Jaq, and the birds.

  • 自分じぶんたちのふるいリボンやビーズでかざられたシンデレラのドレスを二人ふたりあね
    かんかんにおこって、ドレスをきちぎりました。

    When the stepsisters saw their old ribbons and beads on Cinderella's dress, they flew into a rage.

  • トレメイン夫人ふじんむすめたちのすることにらんかお。シンデレラの舞踏会ぶとうかいへのゆめ
    えてしまいました。

    They ripped the dress and pulled off the beads. Lady Tremaine didn't stop them.
    Cinderella's dream of going to the ball was through.

  • シンデレラはにわいていました。するとフェアリーゴッドマザーがあらわれました。

    Cinderella ran away to the garden to cry. Suddenly, her fairy godmother appeared.

  • やさしいこころぬしであるシンデレラのために、魔法まほうでカボチャを馬車ばしゃえました。
    けれど、シンデレラのドレスはまだやぶれたままです。

    With a wave of her wand, she turned a pumpkin into an elegant coach. Cinderella could now go to the ball, but her dress was still ruined.

  • 「ビビディ・バビディ・ブー!」フェアリーゴッドマザーが呪文じゅもんとなえて魔法まほうつえ
    りました。するとシンデレラは、うつくしいドレスをけ、
    キラキラしたガラスのくつをはいていました。

    "Bibbidi-bobbidi-boo!" said the Fairy Godmother, waving her wand again. Cinderella was now wearing a beautiful gown and sparkling glass slippers.

  • 真夜中まよなかの12には魔法まほうがとけてすべてがもと姿すがたもどるのよ」
    と、フェアリーゴッドマザーはいました。

    But all of this came with a warning: When the clock struck midnight, the magic spell would wear off!

  • 舞踏会ぶとうかいにやってきたシンデレラに王子様おうじさまくぎづけになりました。

    At the ball, Prince Charming couldn't take his eyes off Cinderella.

  • 音楽おんがくりはじめ、王子様おうじさまはまだ名前なまえらないうつくしいむすめおどりはじめました。
    シンデレラにとってそのばんゆめのようなひとときでした。

    The orchestra played, and the Prince began to dance with the wonderful girl whose name he still didn't know. For Cinderella, the night was a dream come true.

  • まもなく、時計とけいかね真夜中まよなかの12ちました。
    「さようなら!」とシンデレラはいそいではしりました。

    Before too long, the clock began to strike midnight."Good-bye!" Cinderella said, hurrying away.

  • って!おねがいだから」と王子おうじめようとしましたが、
    ガラスのくつ片方落かたほうおとしたまま、シンデレラはってしまいました。

    "Come back!" called the Prince. "I don't even know your name!"As Cinderella fled, one of her glass slippers came off.

  • ガラスのくつぬしさがしにおしろ使つかいがやってきたとき、シンデレラは屋根裏部屋やねうらべや
    とじこめられていましたが、ネズミたちのおかげでなんとかることができました。

    The Prince sent the Grand Duke to find the girl who fit the glass slipper. Lady Tremaine locked Cinderella in the attic, but Cinderella's mouse friends freed her.

  • トレメイン婦人ふじんのせいで、シンデレラがはくまえくつれてしまいました。
    そこへ、シンデレラはもう片方かたほうくつってきたのです。

    Then Lady Tremaine tripped the Grand Duke, and the glass slipper shattered . . .but Cinderella had the other in her pocket. And it fit!

  • シンデレラと王子様おうじさまはやがて結婚式けっこんしきをあげました。
    たくさんの人々ひとびとざって、仲良なかよしネズミたちもおめかしをして二人ふたりのおいわいにやってきました。

    Cinderella and the Prince were soon married. Everyone rejoiced, including Cinderella's mouse friends, who wore special outfits to the wedding.

  • シンデレラと王子様おうじさまはいつまでもしあわせにらしました。

    Filled with joy, Prince Charming and Cinderella lived happily ever after.

  • おしまい