Disney Princess ディズニープリンセス

  • ムーランの物語ものがたり

  • 何千年なんぜんねんむかしのこと、中国ちゅうごくにムーランといううつくしいむすめがいました。
    ムーランは家族思かぞくおもいのやさしいこころぬしでした。

    Thousands of years ago in ancient China, there lived a beautiful young woman named Mulan. She lived with her parents and a dog named Little Brother.

  • ムーランの父親ちちおや兵士へいしでしたが、たたかいであしわるくしてしまいました。
    一人娘ひとりむすめのムーランは「わたしがいえ名誉めいよまもらなければ」といつもおもっていました。

    Mulan's father had once been a great warrior, but his leg had been injured in battle. As an only child, Mulan felt responsible for upholding the family honor.

  • ある皇帝こうてい使つかいが、各家かくいえから男子一名だんしいちめい軍隊ぐんたいすよう命令めいれいしました。
    年老としおいた父親ちちおやがまたたたかいにかなくてはいけない…

    One day, a man arrived with terrible news from the Emperor. The Huns, China's enemy, had invaded.
    The Emperor had ordered that one man from every family must join the Imperial Army. Mulan's aging father had to fight...again.

  • そのよる、ムーランはおおきな決断けつだんをしました。

    Mulan knew her father was too old to fight. Late that night, she made a big decision.

  • 先祖せんぞいのりをささげると、ムーランはけん自分じぶんかみとし、
    父親ちちおや軍服ぐんぷくにまといました。

    AAfter saying a prayer to the Ancestors, she used a sword to cut her hair short. Then she put on her father's warrior clothes.

  • わかおとこ変装へんそしたムーランは、両親りょうしんねむっているあいだ父親ちちおやうまカーンにり、
    いえました。

    As her parents slept, Mulan, now dressed as a young man, jumped onto her father's horse, Khan.

  • いえ名誉めいよまもるため、父親ちちおやわりにたたかいにくのです。

    Then she raced off to join the Imperial Army in her father's place. Somehow, she would find a way to bring honor to her family.

  • ムーランが訓練所くんれんじょくと、シャン隊長たいちょういました。
    「おまえ名前なまえなんだ?」シャン隊長たいちょうはムーランにたずねます。

    When Mulan arrived at the Imperial Army's training camp, she met Captain Li Shang. "What is your name?" he asked Mulan.

  • 名前なまえは…ピンです!」ムーランはこたえました。
    なんと、シャン隊長たいちょうぐん兵士へいしたちは彼女かのじょおとこであるとしんじたのです。

    "My name? It's, uh...Ping!" Mulan said. To her amazement, Shang and the other soldiers believed she was a man!

  • シャン隊長たいちょう兵士へいしたちにきびしい訓練くんれんをさせました。
    ムーランはついてこうとがんばりますが失敗しっぱいばかり。
    そんなムーランに隊長たいちょういえかえるよういました。

    Shang worked hard to teach his soldiers strength and discipline. Mulan struggled to keep up. Frustrated, Shang told her to go home.

  • なんとか見返みかえしてやろうと、ムーランはたかぼううえ訓練くんれんで、
    見事みごと成功せいこうしました。
    ムーランは、もっともむずかしい訓練くんれんをやりげたのです!

    But to earn the soldiers' respect, Mulan retrieved an arrow atop a tall pole. This was the hardest training task of all, and Mulan had done it!

  • ムーランには二人ふたり仲間なかまがいました。
    先祖せんぞおくんだ守護竜しゅごりゅうのムーシューとコオロギのクリキーです。

    Mulan was not alone on her journey. A dragon named Mushu, sent from the Ancestors to be her guardian, and a cricket named Cri-Kee were always at her side.

  • ムーシューとクリキーは協力きょうりょくして、フンぞくうよう命令めいれいするうそ手紙てがみ仕立したてました。これでムーランが活躍かつやくして、いえ名誉めいよをもたらすチャンスがるはずです。

    Working together, they wrote a fake letter ordering Shang and his soldiers to go after the Huns. Now Mulan would get her chance to bring honor to her family.

  • その命令めいれいしたがって、シャン隊長たいちょう軍隊ぐんたいれてやまなかはいっていくと、突然とつぜん数千すうせんもの敵軍てきぐんかこまれてしまいます。ムーランはあることをおもいつきました。

    Heeding the letter's message, Shang led his soldiers into the mountains. Suddenly, they were surrounded by thousands of Huns. Mulan got an idea.

  • 最後さいごにひとつだけのこった大砲たいほうに、ムーシューのほのうをつけ、
    雪山ゆきやま命中めいちゅうさせました。
    雪山ゆきやまおおきな雪崩なだれこし、敵軍ぐんてきうえくずちました。

    She grabbed the very last cannon and, using Mushu's flame, lit the fuse. The cannon caused a massive avalanche of snow to fall on the Huns.

  • しかし雪崩なだれはそこでまらず、ムーランたちのところまでいきおいよくながれてきました。

    But the danger wasn't over. Snow was now racing toward Mulan and her friends.

  • そこへカーンがはしってやってきました。
    ムーランはカーンにまたがると、ゆきまれそうになるシャン隊長たいちょうたすしました。

    Mulan's loyal horse, Khan, ran to her side. She jumped onto his back, and just as the snow was about to bury Shang, Mulan pulled him to safety.

  • ムーランはこのたたかいで怪我けがをしていました。
    その手当てあてのとき、じつおんなであることがばれてしまい、
    シャン隊長たいちょう仕方しかたなくムーランをやまいていきます。

    During the battle, Mulan had been injured. While caring for her wound, a medic realized that "Ping" was a woman. Shang had no choice but to leave Mulan behind.

  • カーン、ムーシュー、クリキーとやまのこされたムーランは、いえ名誉めいよよごしてしまったとみました。
    すると敵軍てきぐんフンぞくこえこえてきました。

    As she sat with Khan, Mushu, and Cri-Kee, Mulan felt she had failed her family and herself. Then she heard the Huns' voices.

  • ムーランはいそいでみやこかい、
    「フンぞくみやこはいってきます!」とシャン隊長たいちょうつたえました。

    Mulan raced to the Imperial City to warn Shang. "The Huns are alive!" she told him. "They're in the city."

  • しかし、ムーランにおとこだとだまされたシャン隊長たいちょうきここうとはしません。
    ほか兵士へいしたちにっても、みんなムーランをしんじようとしませんでした。

    But Shang felt betrayed by Mulan and did not trust her. Mulan tried warning the others, but no one would believe her.

  • フンぞくちょう、シャン・ユーにらえられた皇帝こうていを、ムーランとシャン隊長たいちょうたすしました。いかくるったシャン・ユーはムーランを屋根やねうえまでめました。
    でも、それはムーランのおもったとおりだったのです。

    The Hun leader, Shan-Yu, kidnapped the Emperor, but Mulan and Shang rescued him. Furious, Shan-Yu chased Mulan onto the palace roof - exactly as she planned.

  • ムーランはシャン・ユーからうばったけんで、かれ上着うわぎ屋根やねけました。
    うごけないシャン・ユーめがけてムーシューとクリキーがロケットだんはなちました。

    Mulan grabbed Shan-Yu's sword and pinned his coat to the roof. He couldn't move when Mushu and Cri-Kee shot a rocket his way.

  • その爆発ばくだんいきおいでムーシューとクリキーはそらんでいきました。
    ムーランとシャン隊長たいちょう花火はなびそらかがやなか一緒いっしょちてきました。

    The force of the explosion sent Mushu and Cri-Kee flying through the air. Mulan and Shang fell together to the ground as fireworks began to fill the sky.

  • 人々ひとびとはおまつりさわぎです。たたかいにち、みやこ平和へいわもどったのです!

    The people were celebrating. The Huns had been banished, and the Imperial City was safe!

  • 皇帝こうていはムーランの活躍かつやくたたえました。
    きみくにすくったのだ」と皇帝こうていうと、ムーランに深々ふかぶかあたまげました。

    The Emperor was very grateful to Mulan. "You have saved us all," he said, and then he did something extraordinary: The Emperor bowed to Mulan.

  • 広場ひろばにいた人々ひとびとみんなムーランにお辞儀じぎをしました。
    皇帝こうていはムーランにしろのこってくれとたのみましたが、ムーランは家族かぞくのもとにかえることにしました。

    Everyone in the plaza bowed to Mulan, too. The Emperor asked her to stay on as his adviser, but Mulan knew it was time to return to her family.

  • いえについたムーランは、皇帝こうていからおくられたけん父親ちちおやしました。

    At home, Mulan presented her father with a sword given to her by the Emperor.

  • 「おまえこそが最高さいこうおくものだ。これ以上いじょう名誉めいよはない。よくかえってきてくれた」
    父親ちちおやいました。

    "The greatest gift and honor is having you for a daughter," her father said. "I've missed you so."

  • 「ごめんください。ここはムーランのいえですか?」
    そのときだれかのこえきここえてきました。
    シャン隊長たいちょうがムーランのわすれたヘルメットをとどけにきたのです。
    ムーランはシャン隊長たいちょう夕食ゆうしょくまねきました。

    "Excuse me," said a voice behind them. "Does Mulan live here?" Shang had brought Mulan her helmet...and she invited him to stay for dinner.

  • おしまい