Disney Princess ディズニープリンセス

  • ラプンツェルの物語ものがたり

  • むかし、ある王様おうさま王妃おうひのもとにラプンツェルというプリンセスがまれました。

    Long ago, a king and queen had a baby daughter named Rapunzel.

  • ラプンツェルの金色きんいろかみには、魔法まほう金色きんいろはなちから、すなわちどんなケガや病気びょうき
    なおせるちからがありました。

    What her devoted parents didn’t know was that Rapunzel’s golden hair contained magical healing powers.

  • 金色きんいろはなちからわかさをたもっていたゴーテルは、ラプンツェルのかみのことをり、
    自分じぶんがいつまでもわかくいるために、ラプンツェルをしろからりました。

    A selfish old woman named Mother Gothel knew of the magic in Rapunzel’s hair and wanted it to keep herself young.

  • ゴーテルは彼女かのじょがプリンセスであることをかくし、もり奥深おくふかくのたかとうめて自分じぶんむすめとしてそだてていました。

    So she kidnapped the baby and raised her in a tower deep in the woods, never telling her that she was a princess.

  • 年月ねんげつち、ラプンツェルのかみはどんどんびていきました。
    毎年誕生日まいとしたんじょうびると、ラプンツェルはとうまどから夜空よぞらかぶ無数むすうあかりをながめていました。

    As Rapunzel’s hair grew and grew, she loved gazing out the tower window at the lights that floated in the night sky every year on her birthday.

  • ラプンツェルはあかりをにいきたいとたのみましたが、
    とうそとることをゴーテルはゆるしません。

    She longed to leave the tower and see them up close, but Mother Gothel refused.

  • 一方いっぽう、フリン・ライダーという泥棒どろぼうが、しろから王冠おうかんぬすみ、
    衛兵えいへいたちにわれていました。

    Meanwhile, a young thief named Flynn Rider had stolen something special from the King’s castle, and the royal guards were after him.

  • もりなかでフリンは、絶好ぜっこうかくつけました。それはとうです!

    Suddenly, he saw the perfect hiding place—a tower!

  • とううえのぼってきたところを、フリンはラプンツェルにフライパンでなぐられてしまいます。

    When Flynn Rider climbed into the tower, Rapunzel knocked him out with a frying pan.

  • ラプンツェルがフリンのかばんをてみると、きらきらかがや王冠おうかんはいっていました。
    それをたラプンツェルはなつかしい気持きもちになりました。

    Then she secretly inspected the satchel he carried. Inside, Rapunzel found a sparkling gold object. It was so familiar.

  • ましたフリンはラプンツェルのなが金色きんいろかみ椅子いすにくくりつけられていました。ラプンツェルは夜空よぞらかぶあかりをえがいたをフリンにせます。

    Flynn Rider awoke and found himself tied to a chair with Rapunzel's long, golden hair. Rapunzel pointed to her painting of the floating lights.

  • 明日あす彼女かのじょの18さい誕生日たんじょうびです。
    あのあかりのところまでれてってくれれば、
    かばんをかえすとラプンツェルはいました。

    Tomorrow was her eighteenth birthday. If Flynn took her to see the lights, she’d return his satchel.

  • フリンはラプンツェルののぞみをき入れ、
    彼女かのじょかみをつたってとうしたりていきました。

    After Flynn agreed to help, Rapunzel used her hair to climb down from the tower.

  • ラプンツェルはまれてはじめてとうそとました!
    最初さいしょ一歩いっぽしたラプンツェルは大喜おおよろこびしました。

    She'd never been outside before! But when her feet touched the grass, Rapunzel nearly burst with excitement, exclaiming, “Woo-hoo!”

  • そんなラプンツェルをってくるものがいました。ゴーテルがさがしていたのです。

    Rapunzel and Flynn enjoyed their adventure, but they were being chased! Mother Gothel was looking for them.

  • そして、衛兵えいへいやフリンの泥棒仲間どろぼうなかま王冠おうかんかえそうと、フリンをっていました!

    Rapunzel and Flynn enjoyed their adventure, but they were being chased! Mother Gothel was looking for them. The royal guards were after Flynn, and so were his angry partners in crime. They wanted the crown!

  • ラプンツェルとフリンはなんとかからのがれました。

    Days passed, and Rapunzel and Flynn managed to escape their pursuers.

  • あるあさ、ラプンツェルはいきをのむうつくしい光景こうけいにしました。
    うつくしい王国おうこくにそびえしろえたのです。
    ラプンツェルはしろかってはしりました。

    One morning, Rapunzel saw a breathtaking sight: a beautiful kingdom with a castle sitting high above. She headed straight to it!

  • まちでラプンツェルは、王様おうさま王妃様おうひさまこころかれました。
    そしてそのあかちゃんが、おさなころにいなくなってしまったこのくにのプリンセスだと
    りました。

    In the town, Rapunzel was drawn to a painting of the King, the Queen, and their baby, who was known as the lost princess.

  • そのあかちゃんはうつくしい金色きんいろかみみどりをしていました。
    まるでラプンツェルみたいに!

    The child had golden hair and green eyes... just like her!

  • フリンはラプンツェルをボートにせ、ちゅうかぶあかりのもとまできました。
    なんと、そのあかりはラプンツェルの無事ぶじねがうランタンだったのです!

    Flynn rowed Rapunzel out to view the floating lights, which were actually lanterns!

  • フリンはラプンツェルにもひとつランタンをあげました。
    そして、ラプンツェルもフリンに王冠おうかんかえしてあげました。

    Flynn gave Rapunzel her own lantern to send into the night, and she returned the crown.

  • 二人ふたりはじっとつめい、そしてこいちました。

    Then the couple gazed into each other's eyes. They were falling in love.

  • しかしそのあと二人ふたりはなればなれになってしまいます。
    ゴーテルはラプンツェルに「あのおとこはただ王冠おうかんしかっただけ」といました。

    Later, Flynn and Rapunzel were separated. Mother Gothel told Rapunzel that Flynn had only wanted the crown.

  • けれど、ラプンツェルはゴーテルのうそづいていました!
    ラプンツェルは自分じぶんこそがあの誘拐ゆうかいされたプリンセスだとかったのです。

    But she realized Mother Gothel was lying! Rapunzel now knew that she was the lost princess!

  • そのとき、フリンがラプンツェルをたすけにやってきました!
    しかし、ゴーテルがフリンにおそいかかりひどいけがをわせました。

    Suddenly, Flynn arrived to rescue Rapunzel!
    But Mother Gothel hurt him badly. She wanted Rapunzel to stay with her forever.

  • ラプンツェルは魔法まほうかみでフリンをたすけようとしますが、
    フリンはながかみとしました。
    ラプンツェルのかみ魔法まほうえるように。

    If she did, she’d allow Rapunzel to heal Flynn. But before Rapunzel could act, Flynn cut off her hair, which lost its magic.

  • 魔法まほうえると、ゴーテルはみるみるうちに年老としおいてはいになってしまいました。
    ラプンツェルは自由じゆうになれましたが、フリンは力尽ちからつきようとしていました。

    Without the magic, Mother Gothel quickly aged and turned to dust. Rapunzel was now free, but Flynn was dying.

  • きみがオレのあたらしいゆめだ」フリンはラプンツェルにささやきました。
    すると、ラプンツェルのからなみだ一粒ひとつぶフリンのうえちました。
    なみだはまばゆいひかりはなち…フリンがをさましたのです!

    “You were my new dream,” he whispered. One of Rapunzel’s tears fell on Flynn and began to glow... and healed him!

  • フリンはラプンツェルをしろれてもどりました。
    王様おうさま王妃様おうひもどってきたむすめのもとにはしり、つよきしめました。

    Flynn brought Rapunzel back to the castle. The King and Queen rushed to embrace their lost princess.

  • そのよる国中くにじゅう人々ひとびとがたくさんのランタンをともし、プリンセスのかえりをいわいました。
    そのランタンこそ、彼女かのじょしろみちびいたのです。

    That night, the entire kingdom celebrated her return by launching hundreds of lanterns—the lights that had guided her home.

  • おしまい